Top / RePlayer / Manual


使い方 (作成中)

■目次

ジャンプリスト
プレイリストウィンドウのチェックボックス
チャプターの編集
カスタムボタンへの機能割り当て
ストリームの選択 (音声や字幕の切り替え)
コマンドラインオプション
知っていると少し便利な機能








■ジャンプリスト

・ジャンプリストは、サムネイル画像からファイルの好きな位置へジャンプ出来る機能です。
・使う前に、まずジャンプリストファイルを作成する必要があります。
 一番基本的な作成方法は、メディアファイルを開いた状態で、ツールバーの「ジャンプリスト表示」ボタンを押します。
 メニュー画面が表示されるので、一番上の「ジャンプリストを作成」ボタンを押すと作成が開始されます。
 ブロック数や、ファイルの種類などにもよりますが、大体数秒〜数十秒で作成出来ます。
 作成が終わると、メディアファイルと同じフォルダ内に、メディアファイル名に「.RPJL」という拡張子の付いたファイルが作成されます。
 これでジャンプリストが表示されて使えるようになります。次からは「ジャンプリスト」ボタンを押すとすぐに表示されます。
・作成時に、プレイリストのチェックボックスを表示させておくと、チェックのしていないチャプター(の中)をスキップして作成されます。
 また作成時に再生範囲の設定をしておくと、範囲内で作成されます。
・ジャンプリストファイルの中身は普通のJPEGファイルなので、画像ビューアソフトなどでも開くことが出来ます。




■プレイリストウィンドウのチェックボックス

・プレイリストウィンドウの下にある「✔」ボタンを押すと、プレイリストとチャプターリストにチェックボックスが表示されます。
 このチェックボックスを表示しておくと、チェックの入ったファイルやチャプターだけが再生されるようになります。




■チャプターの編集

・チャプターファイルを作成して、チャプターを編集する事が出来ます。
・シークバーを右クリックしてメニューの「チャプターファイルの作成」を押すと、
 メディアファイルと同じフォルダに、メディアファイル名+「.chapter.txt」という名前のファイルが作成されます。
・チャプターを追加したい位置で、メニューの「チャプター追加」を押すとチャプターが追加されます。
・チャプターの削除は、削除したいチャプター内で「チャプター削除」を選択します。
・全てのチャプターを削除すると、チャプターファイルは削除され元の状態に戻ります。
・機能割り当ての「チャプター編集」から操作する事も出来ます。




■カスタムボタンへの機能割り当て

・ツールバーのカスタムボタン(サイコロの様なアイコンのボタン)に、好きな機能を割り当てる事が出来ます。
・オプションウィンドウの「機能割り当て」タブで、割り当てたい機能(と設定値)を選んで、
 マウス操作のリストから「カスタムボタン〜」を選択して「追加」ボタンを押します。




■ストリームの選択 (音声や字幕の切り替え)

・複数の音声や字幕情報が含まれているファイルを開いている時に、
 ビデオ表示部分を右クリックして表示されるメニューの「ストリーム」から変更できます。
 または、シークバーを右クリックして表示されるメニューからも変更できます。




■コマンドラインオプション

・再生開始位置の指定
 -POS <再生開始位置> … 再生開始位置の指定。
 -POS <トラック番号,再生開始位置> … トラック番号と位置の指定。

 再生開始位置の指定例
 "10" … 10秒 (数値のみだと秒と認識します)
 "10.5" … 10.5秒 (小数でも指定できます)
 "1:30" … 1分30秒 (時:分:秒の形式でも指定できます)
 "1:30:00" … 1時間30分
 例 "D:\MOVIES\001.MP4"を1分30秒の位置から再生する。
 → "C:\Temp\RePlayer\RePlayer.exe" "D:\MOVIES\001.MP4" -POS 1:30
 例 "D:\MOVIES\AAA"フォルダの2番目のファイルの先頭から再生する。(※1)
 → "C:\Temp\RePlayer\RePlayer.exe" "D:\MOVIES\AAA" -POS 2,0

・ジャンプリスト作成
 -JL <ファイルパス> … 指定ファイル(または指定フォルダ内のファイル)のジャンプリストを作成して終了。
 -BLK <ブロック数> … ジャンプリスト作成のブロック数指定 (3~11)。0で自動 (無指定時はオプションの設定内容に従って作成されます。)
 -MIN … 最小化状態で起動。(ジャンプリストの作成終了時にビープ音も鳴らなくなります。)

 例 "D:\MOVIES\AAA"フォルダ内のファイルのジャンプリストをブロック数5x5で作成する。(※1)
 → "C:\Temp\RePlayer\RePlayer.exe" -JL "D:\MOVIES\AAA" -BLK 5

 ※1 フォルダを指定する場合は、パスの最後に「\」を付けないで下さい。





■知っていると少し便利な機能

・マウスの右ボタンを押しながら上下に動かすと、ビデオの表示サイズを調整出来ます。
・メニューアイテムを右クリックすると、メニューを表示したまま続けて操作出来ます。
・ウィンドウのフチをダブルクリックすると、ビデオの比率に合わせてウィンドウのサイズが調整されます。
・時間表示部分を右クリックすると、表示形式を選択できるメニューが表示されます。
・ツールボタンの右端辺りをマウスで左右にドラッグするとボタンの表示数を変更出来ます。